老人ホームでも認知症にアロマ

老人ホームでも認知症にアロマ

先日祖母が入居している老人ホームに遊びに行ってきました。

軽度の認知症なのですが、少し前から孫である私の顔がわからなくなってきた様子でした。

自分の娘である母と似ているのか、母の名前で呼ばれることが増えてきたのです。

少しショックだなと思っていたのですが、老人ホームではいろいろな認知症対策をしているとのことでした。

あまり薬などには頼らず、できるだけ自然のものを利用しているんだそうです。

その中でも、アロマが使用されていました。

施設に入った瞬間なんとなく良い香りがするなと思っていたのですが、アロマのことだったそうです。

そういえば少し前までは母の名前を呼ばれることもあったけど、回数が少なくなってきたような気がします。

周りの方にも少しずつ効果がでてるみたいです。

本当に効果があるんだなとびっくりしました。

このままもっと認知症が改善されて、前みたいにいろいろな話をしたりおばあちゃんの知恵を教えてもらえたらいいなと思います。

40代から始めるアロマで認知症対策

認知症の予防は早い段階からしたほうが良いという話を聞きました。

きっと認知症という自覚がないまま少しずつ物忘れが激しくなっていって悪化するものだと思うんです。

娘の顔がわからなくなるのはいやです。

娘たちには自分の仕事もあるし、できるだけ迷惑をかけたくはありません。

私の介護に時間をとられるのだけではなくて、できることなら自分の家族のことや子供の世話に力をいれてほしいんです。

最近では病院に行かなくても、アロマで予防ができるんだそうです。

一日に二回ほど、二時間程度香りをかぐと効果があるとのことでした。

なにかと忘れっぽい私なので、薬や脳トレなどは続きません。

しかし、ただ香りをかぐだけなのでこれなら自分のペースでできます。

認知症の母にアロマ

火や電気も使わないので、安全性も高く小さいお子さんがいる家庭でも問題なさそうですよね。

アロマをはじめたというとちょっとおしゃれな気もします。

いつまでも元気でいるために、今から認知症対策を始めます。